「年齢の割に老けてるね」なんて言われてしまうと誰でもショックですよね?そしてその原因も薄毛のせいと自覚していると尚更です。しかし、薄毛は今は様々な手段で改善できるものです。諦めないで薄毛対策を頑張りましょう!

考える男性と薬

生活態度で薄毛を治す

皮膚について心配する男性

生活態度に問題があると薄毛を促進させます。
一番よくない生活態度は夜ふかしをすることです。
夜ふかしをすると必然的に睡眠時間が減ってしまうのです。
遅く寝て早く起きる必要があるので睡眠不足になります。
髪を元気にするためには、ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に寝ている必要があり、その時間帯とは22時~翌朝2時なのです。
睡眠の質が悪くなると、代謝が低下したりストレスが溜まったり、髪にとって悪いことしかありません。
食事では動物性脂肪の摂りすぎに注意しましょう。
皮脂の原料を沢山摂ることは、オイリー肌を促進させるからです。
食事の初めに野菜を摂るようにすれば、脂肪分の摂りすぎを防ぐことができます。
魚の油については血行をよくしてくれるので、薄毛対策として積極的に摂るべきでしょう。
特に背の青い魚にはDHAやEPAといった血液サラサラ成分が豊富に含まれています。
肩こり、首のこりなどが気になる方は、全身の血行が悪くなっている可能性があります。
血行が悪ければ、毛根に栄養素が届きにくくなります。
血液がドロドロになる原因の多くは食生活にありますが、喫煙、お酒の飲みすぎ、運動不足、冷え性なども関係してきます。
薄毛対策として、これらの悪習慣は解消したいものです。
慢性的なストレスを感じている方は薄毛になりやすいので生活態度を改める必要があります。
ストレスを溜め込みやすい性格は簡単に治るものではありませんが、ストレスを解消することは誰でもできます。
一番よいのは夜早めに眠ることです。
睡眠時間の不足が一番ストレスを招くのです。
ぬるめの湯にゆったりと浸かって身体を温めて、副交感神経を活発にします。
入浴後、30分~1時間後くらいに就寝するのが好ましいです。

関連記事