「年齢の割に老けてるね」なんて言われてしまうと誰でもショックですよね?そしてその原因も薄毛のせいと自覚していると尚更です。しかし、薄毛は今は様々な手段で改善できるものです。諦めないで薄毛対策を頑張りましょう!

考える男性と薬

薄毛に効く食べ物とは?

多様な薬

薄毛は男女共通の悩みになっていますが、育毛剤や医薬品の頼る前にバランスのとれた食事をすることで抜け毛を防ぎます。
そして特に薄毛に効果的な食べ物を摂取します。まず味噌やきなこなどの大豆製品です。
大豆にはイソフラボンという女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれています。
女性は更年期になると女性ホルモンが減少して薄毛になりやすいです。
男性も男性ホルモンの分泌で抜け毛が増えるので、イソフラボンでホルモンバランスを整えます。
また髪の毛はケラチンというタンパク質で形成されています。
ケラチンは元々アミノ酸からできるので、牛肉や牛乳、卵黄など良質なアミノ酸を多く含んだ食べ物も食べます。
ビタミン類は髪の毛が成長するのに使われる栄養素です。ピーマンやキャベツ、レモンなどに含まれるビタミンCには、血管を丈夫にする働きがあります。
頭皮の毛母細胞に栄養が送られるのは毛細血管を通してなので、毛細血管が強化されると隅々までたくさんの栄養が届きます。
またビタミンCには活性酸素を抑制する抗酸化作用があり、老化による薄毛を防ぎます。
ビタミンB類はビタミンBがタンパク質かた髪の毛を生成するのに関わり、ビタミンB12が毛母細胞の細胞分裂を活性化させます。ビタミンB類はにんにくやレバー、かつおに多く含まれます。
ビタミンAは血液の循環を良くして保湿効果もあるので、頭皮環境を整えます。
サプリメントで過剰摂取すると頭痛やめまいなど副作用が起こるので、ニンジンやうなぎ、レバーなどの食べ物から摂取します。
さらに牡蠣や肉類、チーズに多い亜鉛はタンパク質の合成に必要な必須ミネラルです。亜鉛が不足すると抜け毛が増えて肌荒れやシミもできます。

関連記事
サイト内検索